新着情報
2020年

<論文>

 

1. Shindo K, Satake A, Fukao T, Ichinose Y,  TakiyamaY. Palpebral ptosis as the initial symptom of amyotrophic lateral sclerosis. Neurol Sci 2020 Jan; 41(1): 211-212 doi: 10.10072-019-04030-y. Epub 2019 Aug 2. PMID: 31375937

 

2. Shindo K, Tsuchiya M, Koh K, Nagasaka T, Takiyama Y. Paraneoplastic sensori-motor neuropathy associated with mediastinal germ cell tumor: favorable outcome after high-dose intravenous immunoglobulin therapy. Neurol Sci 2020 Mar; 41 (3): 723-725. PMID: 31578653

 

3. Nishizawa M, Onodera O, Hirakawa A, Shimizu Y, Yamada M, Rovatirelin Study Group: Effect of rovatirelin in patients with cerebellar ataxia: two randomized double-blind placebo-controlled phase 3 trials. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2020 Mar; 91 (3): 254-262. 14. doi: 10.1136/jnnp-2019-322168. Epub 2020 Jan 14. PMID: 31937586

 

4. Nan H, Natori T, Ichinose Y, Koh K, and Takiyama Y: Conjugal multiple system atrophy: computing chance or investigating real patients? Parkinsonism Relat Disord. 2020.03.005 Mar 14. pii: S1353-80208(20)30061-4. doi:10.1016/j.parkreldis.2020.03.005. [Epub ahead of print] PMID: 32199744

 

5. Shindo K, Fukao T, Kurita N, Satake A, Tsuchiya M, Ichinose Y, Hata T, Koh K, Nagasaka T, Takiyama Y. Sympathetic outflow to skin predicts central autonomic dysfunction in multiple system atrophy. Neurol Sci 2020 Mar 21. Doi: 10.1007/s10072-020-04340-6. Epub 2020.Mar 21 PMID:32198655

 

6. 深尾統子、諏訪裕美、土屋 舞、羽田貴礼、瀧瀬康洋、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久. 免疫抑制療法に反応性良好であった脳アミロイドアンギオパチーの1例. 山梨医学 47: 80-83, 2020.  

 

7. Oji Y, Hatano T, Ueno S, Funayama M, Ishikawa K, Okuzumi A, Noda S, Sato S, Satake W, Toda T, Li Y, Hino-Takai T, Kakuta S, Tsunemi T, Yoshino H, Nishioka K, Hattori T, Mizutani Y, Mutoh T, Yokochi F, Ichinose Y, Koh K, Shindo K, Takiyama Y, Hamaguchi T, Yamada M, Farer MJ, Uchiyama Y, Akamatsu W, Wu YR, Matsuda J, Harrori N: Variants in saposin D domain of prosaposin gene linked to Parkinson’s disease. Brain. 2020 Mar 23. pii: awaa064. doi: 10.1093/brain/awaa064. [Epub ahead of print] PMID: 3220184

 

8.   佐竹紅音、長坂高村、諏訪裕美、栗田尚史、土屋 舞、羽田貴礼、髙 紀信、新藤和雅、瀧山嘉久. 進行期に至って診断されたALS-FTDの一例. 日本早期認知症学会誌. 第13巻(1):70~74.2020(論文)

 

 

 

 

<学会>

 

1. 瀧山嘉久、一瀬佑太、高 紀信、石浦浩之、戸田達史、辻 省次、JASPAC:痙性対麻痺のITB療法に関する全国多施設共同研究. 運動失調症の医療基盤に関する調査研究班会議、東京、2020年1月9日.

 

2. 水澤英洋、高橋祐二、伊達英俊、佐々木征行、阿部康二、池田佳生、石川欽也、宇川義一、小野寺理、勝野雅央、吉良潤一、桑原聡、佐々木秀直、高尾昌樹、高嶋博、瀧山嘉久、武田篤、田中章景、辻省次、花島律子、宮井一郎、吉田邦広:運動失調症患者登録・自然歴調査J-CATの現状と活用. 運動失調症の医療基盤に関する調査研究班会議、東京、2020年1月9日.

 

3. 田中章景、岸田日帯、溝口功一、瀧山嘉久:神奈川・静岡・山梨県におけるプリオン病サーベイランス調査報告 2019. プリオン病のサーベイランスと感染予防に関する調査研究班会議、東京、2020年1月20日.

 

4. 佐藤克也、三條伸夫、山田正仁、濱口 毅、水澤英洋、塚本 忠、坪井義夫、岸田日帯、春日健作、佐々木真理、高尾昌樹、岩崎 靖、瀧山嘉久、雪竹基弘、高嶋博嗣、藤田浩司:現行のプリオン病の診断基準の感度・特異度. プリオン病の早期診断基準の作成を目指した新たなエビデンス創出とその検証に用いる遺伝性プリオン病未発症例の臨床調査と画像・生体材料の収集班会議、東京、2020年1月20日.

 

5. 岸田日帯、工藤洋祐、児矢野繁、黒岩義之、溝口功一、瀧山嘉久、木村活生、上田直久、田中章景:神奈川・静岡・山梨県におけるE200K遺伝性CJD 60例の検討. プリオン病の早期診断基準の作成を目指した新たなエビデンス創出とその検証に用いる遺伝性プリオン病未発症例の臨床調査と画像・生体材料の収集班会議、東京、2020年1月20日.

 

6. 中嶋秀人、小川克彦、白岩伸子、森田光哉、長嶋和明、尾方克久、山中義崇、里宇昭元、大竹敏之、中村 健、長谷川一子、小池亮子、瀧山嘉久、橋本修二:関東・甲越地区におけるスモン患者の検診-第32報-. 令和元年度厚生労働行政推進調査事業費補助金 スモンに関する調査研究班会議、東京、2020年1月31日.

 

7. 齊藤由扶子、久留 聡、鷲見幸彦、島田裕之、高田博仁、千田圭二、青木正志、中嶋秀人、長谷川一子、小池亮子、瀧山嘉久、溝口功一、南山 誠、豊岡圭子、狭間敬憲、坂井研一、阿部康二、花山耕三、鳥居 剛、川井元晴、高橋美枝、山下 賢、軸丸美香:スモン検診におけるMCI (軽度認知障害) 検査. 令和元年度厚生労働行政推進調査事業費補助金 スモンに関する調査研究班会議、東京、2020年1月31日.

 

8. 高 紀信、石浦浩之、一瀬佑太、南 海天、田中真生、三井 純、辻 省次、瀧山嘉久、JASPAC: 遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学 -最近の話題-.第412回山梨神経の会、山梨大学、2000年2月5日.

 

9. 高木隆助、南 海天、高 紀信、諏訪裕美、土屋 舞、一瀬佑太、新藤和雅、瀧山嘉久:外包の異常信号を特徴とし、緩徐進行性の家族性白質脳症と考えられた51歳女性例. 第29回Nagano Neurology Conference、松本、2020年2月15日.

 

2:29 PM