新着情報
2010年
<論文>

1.小林史和、栗原 康、長坂加織、飯田晴康、新藤和雅、瀧山嘉久:性腺機能低下症を合併した小脳性運動失調症の一例. 臨床神経 50: 98-102, 2010.

2.Shindo K, Nagasaka T, Shiozawa Z, Takiyama Y: A case of recurrent polymyalgia rheumatica-like complications with pregnancy. Rheumatol Int 30: 541-542, 2010.

3.Namekawa M, Takiyama Y, Honda J, Shimazaki H, Sakoe K, Nakano I: Adult-onset Alexander disease with typical “tadpole” brainstem atrophy and unusual bilateral basal ganglia involvement: a case report and review of the literature. BMC Neurology 10: 21, 2010.

4.Shindo K, Watanabe H, Ohta E, Nagasaka T, Shiozawa Z, Takiyama Y: Sympathetic sudomotor neural function in amyotrophic lateral sclerosis. Amyotroph Lateral Scler. 2010 Aug 25. [Epub ahead of print]

5.Katsuno M, Banno H, Suzuki K, Takeuchi Y, Kawashima M, Yabe I, Sasaki H, Aoki M, Morita M, Nakano I, Kanai K, Ito S, Ishikawa K, Mizusawa H, Yamamoto T, Tsuji S, Hasegawa K, Shimohata T, Nishizawa M, Miyajima H, Kanda F, Watanabe Y, Nakashima K, Tsujino A, Yamashita T, Uchino M, Fujimoto Y, Tanaka F, Sobue G, Japan SBMA Interventional Trial for TAP-144-SR (JASMITT) study group: Efficacy and safety of leuprorelin in patients with spinal and bulbar muscular atrophy (JASMITT study): a multicentre, randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol 9: 875-884, 2010

6.金井真理、小林史和、三輪道然、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:左右交代性に再発した眼窩先端部症候群の一例. 山梨医学 38: 182-184, 2010

7.小林理恵子、新藤和雅、瀧山嘉久、富樫慎治、塩澤全司:甲府盆地の脳梗塞発症と気象の関連性について. 神経内科 73: 310-313, 2010

8.Nagasaka K, Ohta E, Nagasaka T, Togashi S, Miwa M, Nakamura Y, Shindo K, Shiozawa Z: Rhythmic pupillary oscillation in Creutzfeldt-Jakob disease associated with the Glu/Lys mutation of prion protein codon 200. Mov Disord 15; 25: 111-6, 2010

9.Miyazawa N, Shinohara T, Nagasaka T, Hayashi M: Hypermetabolism in Patients With Dementia With Lewy Bodies. Clinical Nuclear Medicine 35: 490- 493, 2010

10.瀧山嘉久、石浦浩之、嶋崎晴雄、辻 省次、西澤正豊:遺伝性痙性対麻痺の疫学 —JASPAC—. 神経内科 74: 141-145, 2011

 

 

<著書・総説>

1.瀧山嘉久:痙性脊髄麻痺. 今日の診断指針 第 6版 金澤一郎、永井良三、編、pp615-617、医学書院、東京、 2010

 

<学会等発表>

1.嶋崎晴雄、本多純子、太田京子、滑川道人、中野今治、津川潤、坪井義夫、迫江公己、瀧山嘉久、JASPACAutosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay (ARSACS) の頭部MRI所見. 平成 21年度運動失調班会議、 2010 1 14.

2.瀧山嘉久:脊髄小脳変性症の最近の話題.  386回山梨神経の会、 2010 1 20.

3.瀧山嘉久:遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学.  6回阪神SCDセミナー、 2010 2 19.

4.小林史和、長坂加織、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:長期経過をとったプリオン蛋白コドン 232変異Creutzfeldt-Jakob病の 69歳女性例.  192回日本神経学会関東地方会、 2010 3 6.

5.中村由紀、三輪道然、小林史和、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:Tolosa-Hunt症候群類似の症状を呈した歯性膿瘍の 1. 570回日本内科学会関東地方会、 2010 3 13.

6.金井真理、小林史和、三輪道然、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:再発を繰り返す眼窩先端部症候群の 67歳男性例.  36回山梨総合医学会会員研究発表会、 2010 3 14.

7.千堂一樹、小林史和、三輪道然、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:高度の眼球運動障害を呈した視神経脊髄炎の一例.  387回山梨神経の会、 2010 3 17.

8.瀧山嘉久:新規対象特定疾患の 11疾患のうち神経内科領域疾患について. 山梨県難病研修会、 2010 3 18.

9.高木 隆助、小林 史和、三輪 道然、新藤 和雅、瀧山 嘉久:新型インフルエンザワクチン接種後に発症したギラン・バレー症候群の 74歳女性例.  388回山梨神経の会、 2010 5 19.

10.滑川道人、嶋崎晴雄、本多純子、中野今治、迫江公己、瀧山嘉久:成人型Alexander病の特徴的所見tadpole appearance. 51回日本神経学会総会、 2010 5 20.

11.新藤和雅、小林史和、三輪道然、長坂加織、中村由紀、飯田晴康、長坂高村、瀧山嘉久、塩澤全司:パーキンソン病患者における四肢冷感の原因病態.  51回日本神経学会総会、 2010 5 21.

12.三輪道然、金井真理、小林史和、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:抗SRP抗体陽性筋炎の電気生理学的検討. 51回日本神経学会総会、 2010 5 22.

13.長坂高村、三輪道然、中村由紀、小林史和、新藤和雅、瀧山嘉久:抗SRP抗体陽性多発筋炎における筋組織学的検討. 51回日本神経学会総会、 2010 5 22.

14.嶋崎晴雄、本多純子、滑川道人、迫江公己、瀧山嘉久、中野今治:当科における常染色体劣性遺伝性脊髄小脳変性症 (ARSCD) の遺伝子解析.  51回日本神経学会総会、 2010 5 22.

15.Takiyama Y: apan Spastic Paraplegia Research Consortium (JASPAC).  51回日本神経学会総会企画シンポジウム、 2010 5 22.

16.高木隆助、小林史和、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久:新型インフルエンザワクチン接種後に発症したギラン・バレー症候群の 74歳女性例.  193回日本神経学会関東・甲信越地方会、 2010 6 5.

17.瀧山嘉久:神経難病患者さんとの出会いから今日まで、そして明日から. 日本ALS協会山梨県支部 第 15回定期総会・講演会・交流会、 2010 6 20

18.三輪道然、中村由紀、小林史和、長坂高村、新藤和雄、瀧山嘉久: Tolosa-Hunt症候群類似の症状を呈した歯性膿瘍の一例.  5回山梨頭痛治療研究会学術講演会、 2010 7 8.

19.三輪道然、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:多彩な中枢神経症状を認め、ステロイド治療が奏功したCIDP 1.  28回日本神経治療学会総会、 2010 7 15.

20.瀧山嘉久:認知症の診断・治療〜最近の進歩. 市立恵那病院教育研修会、 2010 8 27.

21.瀧山嘉久:脊髄小脳変性症の臨床・分子遺伝学〜最近の話題.  27回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会 専門医・認定臨床医障害教育研修会、 2010 8 28.

22.小林史和、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:多彩な眼症状を主症状としたアクアポリン 4抗体陽性の 48歳女性例.  194回日本神経学会関東・甲信越地方会、 2010 9 4.

23.羽賀理恵、今智也、船水章央、上野達哉、西嶌春生、三木康生、新井陽、鈴木千恵子、冨山誠彦、馬場正之、杉本一博、嶋崎晴雄、瀧山嘉久:Charlevoix-Saguenay型劣性遺伝性痙性失調症の 1.  87回日本神経学会東北地方会、 2010 9 11.

24.一瀬佑太、小林史和、中村由紀、高木隆助、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:AIDSに合併したトキソプラズマ脳症の 1. 390回山梨神経の会、 2010 9 22.

25.中村由紀、小野原亜希子、小林史和、高木隆助、三輪道然、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:単純ヘルペス脳炎類似のMRI画像所見を呈した神経梅毒の1例.  15回日本神経感染症学会、 2010 10 9.

26.新藤和雅、高木隆助、小林史和、三輪道然、中村由紀、長坂高村、瀧山嘉久、塩澤全司:パーキンソン病と多系統萎縮症患者における四肢冷感の病態の違いについて.  63回日本自律神経学会総会、 2010 10 23.

27.嶋崎晴雄、石浦浩之、福田陽子、本多純子、太田京子、滑川道人、迫江公己、高橋祐二、後藤 順、辻 省次、中野今治、瀧山嘉久:視神経萎縮、末梢神経障害を伴う遺伝性痙性対麻痺症例の臨床像とその候補遺伝子解析. 日本人類遺伝学会第 55回大会、 2010 10 28.

28.瀧山嘉久:遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学. 日本人類遺伝学会第 55回大会 Educational Program 2010 10 28.

29.瀧山嘉久:遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学.  24回山梨神経科学研究会、 2010 11 24.

30.高木隆助、三輪道然、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:MRIにて腕神経叢の肥厚を認め、CIDPとの鑑別を要した悪性リンパ腫の 79歳女性例.  195回日本神経学会関東・甲信越地方会、 2010 11 27.

31.瀧山嘉久:遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学. 国立大学法人山梨大学&独立行政法人国立精神・神経医療研究センター合同シンポジウム、 2010 11 29.

32.安田元己、高木助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久:免疫グロブリン療法後、肺塞栓を合併したギラン・バレー症候群の 1.  391回山梨神経の会、 2010 12 1.

33.瀧山嘉久:ここまでわかった脊髄小脳変性症. 難病患者関係職員研修会、 2010 12 6.

34.新藤和雅、長坂高村、瀧山嘉久:パーキンソン病患者における四肢冷感の原因病態. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業神経変性疾患に関する調査研究班 平成 22年度班会議、 2010 12 18.

3:44 PM