新着情報
2011年
<論文>

1.小野原亜希子、小林史和、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:単純ヘルペス脳炎類似の頭部MRI所見を認めた神経梅毒の一例. 神経内科 74: 105-106, 2011

2.Shindo K, Watanabe H, Ohta E, Nagasaka T, Shiozawa Z, Takiyama Y: Sympathetic sudomotor neural function in amyotrophic lateral sclerosis. Amyotroph Lateral Scler. 12: 39-44, 2011

3.瀧山嘉久、石浦浩之、嶋崎晴雄、辻 省次、西澤正豊:遺伝性痙性対麻痺の疫学 —JASPAC神経内科 74: 141-145, 2011

4. Nagasaka T, Nagasaka K, Ohta E, Shindo K, Takiyama Y, Shiozawa Z, Miyazawa N, Yamasaki N, Mori N, Onda H, Shinohara T: Cerebral hypermetabolism demonstrated by FDG-PET in familial Creutzfeldt-Jakob disease. Clinical Nuclear Medicine 36: 725-727, 2011

5. Prust M, Wang J, Morizono H, Messing A, Brenner M, Gordon E, Hartka T, Sokohl A, Schiffmann R, Gordish-Dressman H, Albin R, Amartino H, Brockman K, Dinopoulos A, Dotti MT, Fain D, Fernandez R, Ferreira J, Fleming J, Gill D, Griebel M, Heilstedt H, Kaplan P, Lewis D, Nakagawa M, Pedersen R, Alyssa R, Sawaishi Y, Schneider M, Sherr E, Takiyama Y, Wakabayashi K, Gorospe JR, Vanderver A: GFAP mutations, age of onset and clinical subtypes in Alexander disease. Neurology 2011 Sep 27; 77 (13): 1287-94. Epub 2011 Sep 14

6. Namekawa M, Takiyama Y, Honda J, Sakoe K, Naoi T, Shimazaki H, Yamagata T, Momoi M, Nakano I: A novel adult case of juvenile-onset Alexander disease: complete remission of neurological symptoms for over 12 years, despite insidiously progressive cervicomedullary atrophy. Neurol Sci 2011 Dec 24 [Epub ahead of print]

7. Haga R, Miki Y, Funamizu Y, Kon T, Suzuki C, Ueno T, Nishijima H, Arai A, Tomiyama M, Shimazaki H, Takiyama Y, Baba M. Novel compound heterozygous mutations of the SACS gene in autosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay. Clin Neurol Neurosurg. 2011 Dec 30. [Epub ahead of print]

 

 

<著書・総説>

1.瀧山嘉久:皮質性小脳萎縮症. 難病と在宅ケア 16: 47-49, 2011

2.新藤和雅、瀧山嘉久:認知機能正常の高齢者におけるアルツハイマー病の生物学的マーカーと運動の関係Cognition and Dementia 10: 60-61, 2011

3.長坂高村、瀧山嘉久:Gamma-secretase activating proteinはアルツハイマー病の治療ターゲットであるCognition and Dementia 10: 62-63, 2011

4. Ohta E and Takiyama Y: MRI findings in neuroferritinopathy. Neurology Research International 2012; 2012: 197438 Epub 2011 Jul 21

5. 瀧山嘉久:わが国における遺伝性痙性対麻痺の現状. 臨床神経  51 (11): 1125-1128, 2011

 

 

<学会等発表>

1.迫江公己、嶋崎晴雄、滑川道人、直井為任、本多純子、中野今治、瀧山嘉久:spastin蛋白の機能解析. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業

運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成 22年度班会議、 2011 1 14.

2.嶋崎晴雄、本多純子、太田京子、直井為任、滑川道人、迫江公己、中野今治、石浦浩之、福田陽子、高橋祐二、後藤 順、辻 省次、瀧山嘉久:視神経萎縮、末梢神経障害を伴う遺伝性痙性対麻痺の臨床像と原因遺伝子探索. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成 22年度班会議、 2011 1 14.

3.安田元己、高木隆助、三輪道然、小林史和、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:免疫グロブリン大量静注療法後に肺塞栓症を合併したギラン・バレー症候群の 1.  578回日本内科学会関東地方会、 2011 2 12

4.小林史和、高 紀信、中村由紀、長坂高村、瀧山嘉久:持続的な母指内転位を呈したCIDP 40歳女性例.  196回日本神経学会関東・甲信越地方会、 2011 3 5

5.福元 恵、高木隆助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久:原発性側索硬化症と考えられた一例.  37回山梨総合医学会、 2011 3 13

6.高木隆助、三輪道然、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久:腕神経叢肥厚の鑑別にMRI、超音波検査が有用であったNeurolymphomatosis 1.  37回山梨総合医学会、 2011 3 13

7.瀧山嘉久:神経遺伝学の基礎. 日本神経学会第 13回卒後教育セミナー、 2011 5 17

8.迫江公己、嶋崎晴雄、滑川道人、直井為任、本多純子、瀧山嘉久、中野今治:SPG4遺伝子産物spastinの機能解析.  52回日本神経学会学術大会、 2011 5 18

9.滑川道人、直井為任、迫江公己、本多純子、嶋崎晴雄、瀧山嘉久、中野今治:GFAP遺伝子のR276L変異を有するAlexander (1) 3家系 6例の臨床的検討.  52回日本神経学会学術大会、 2011 5 18

10.直井為任、滑川道人、迫江公己、本多純子、嶋崎晴雄、瀧山嘉久、中野今治:GFAP遺伝子のR276L変異を有するAlexander (2) 細胞生物学的検討.  52回日本神経学会学術大会、 2011 5 18

11.長坂高村、三輪道然、小林史和、中村由紀、高木隆助、新藤和雅、瀧山嘉久:多発筋炎における電位依存性L型カルシウムチャネルの意義について.  52回日本神経学会学術大会、 2011 5 18

12.瀧山嘉久:わが国における遺伝性痙性対麻痺の現状.  52回日本神経学会学術大会シンポジウム 29 脊髄小脳変性症update 2011 5 20

13.嶋崎晴雄、石浦浩之、福田陽子、本多純子、太田京子、直井為任、滑川道人、迫江公己、高橋祐二、後藤 順、辻 省次、瀧山嘉久、中野今治:視神経萎縮、末梢神経障害を伴う遺伝性痙性対麻痺症例の臨床像と原因遺伝子検索.  52回日本神経学会学術大会、 2011 5 20

14.新藤和雅、高木隆助、小林史和、三輪道然、中村由紀、長坂高村、瀧山嘉久、塩澤全司:パーキンソニズムを呈する疾患における皮膚血流回復時間の臨床的有用性の検討.  52回日本神経学会学術大会、 2011 5 20

15.山城亘央、高木隆助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久:緩徐進行性の歩行障害と記銘力低下で発症したクリプトコッカス脳室炎の 54歳男性例.  197回日本神経学会関東・甲信越地方会、 2011 6 4

16.三輪道然、瀧山嘉久:山梨県内に於ける近年のSCD患者数の推移と内訳.  4回山梨神経難病セミナー、 2011 6 8

17. 新藤和雅、高 紀信、福元 恵、山城亘央、高木隆助、小林史和、三輪道然、長坂高村、瀧山嘉久、塩澤全司: 神経変性疾患にみられた皮膚血管拡張性交感神経活動.  24回日本マイクロニューログラフィ学会、 2011 6 18

18. 山城亘央、高木隆助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久:緩徐進行性の歩行障害と記銘力低下で発症したクリプトコッカス脳室炎の 1.  393回山梨神経の会、 2011 6 22

19. 曽我美佑介、小林史和、中村由紀、長坂高村、新藤和雅、瀧山嘉久: 起立性低血圧で発症したパーキンソン病の 1.  5回山梨パーキンソン病治療研究会、 2011 6 29

20. 瀧山嘉久: 遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学.  18回新潟神経疾患研究会 (新潟) 2011 9 1

21. 高  紀信、小林史和、中村由紀、長坂高村、瀧山嘉久: 早期より中枢性無呼吸が認められたクロイツフェルト・ヤコブ病の 77歳女性例.  198回日本神経学会関東・甲信越地方会、 2011 9 3

22. 新藤和雅、高 紀信、福元 恵、山城亘央、高木隆助、小林史和、三輪道然、長坂高村、瀧山嘉久、塩澤全司: パーキンソン病における皮膚交感神経活動の特徴.  19回日本発汗学会総会、 2011 9 3

23. 一瀬佑太、高 紀信、高木隆助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久: 慢性進行性の運動失調とミオパチーを合併したベーチェット病の一例.  394回 山梨神経の会、 2011 9 21

24. 高木隆助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久: 早期治療により良好な経過をとったインフルエンザ脳症の 18歳女性例. 学術講演会、 2011 10 14

25. 瀧山嘉久: ここまでわかった脊髄小脳変性症. 脊髄小脳変性症医療講演会、 2011 10 15

26. 高木隆助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久: パーキンソニズムで発症した硬膜静脈瘻の 1.  4回山梨パーキンソン病セミナー、 2011 10 26

27. 新藤和雅、高 紀信、福元 恵、山城亘央、高木隆助、小林史和、三輪道然、長坂高村、瀧山嘉久、塩澤全司: 進行性失語症患者にみられた皮膚血管拡張性交感神経活動.  64回日本自律神経学会総会、 2011 10 27

28. 山城亘央、高木隆助、三輪道然、新藤和雅、瀧山嘉久: 緩徐進行性の歩行障害と記銘力低下で発症したクリプトコッカス脳室炎の 1.  16回日本神経感染症学会学術集会、 2011 11 5

29. 瀧山嘉久: 認知症とは. 甲府市市民公開講座 認知症セミナー、 2011 11 19

30. 瀧山嘉久: 遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学.  26回神経学セミナー (順天堂大学) 2011 11 25

31. 福元 恵、山城亘央、小林史和、長坂高村、瀧山嘉久: 総合感冒薬の連用と健康飲料の過剰摂取により低K性ミオパチーを来した 49歳男性例.  199回日本神経学会関東・甲信越地方会、 2011 11 26

32. 瀧山嘉久: 遺伝性痙性対麻痺の臨床・分子遺伝学.  8回神経治療研究会 (米子) 2011 12 2

33. 滑川道人、直井為任、迫江公己、本多純子、嶋崎晴雄、中野今治、瀧山嘉久Alexander病におけるGFAP遺伝子変異:promoter領域の検索. 平成 23年度厚生労働科研費補助金 難治性疾患克服研究事業 アレキサンダー病研究班 平成 23年度 第 2回班会議、 2012 12 2

34. 直井為任、滑川道人、迫江公己、本多純子、嶋崎晴雄、中野今治、瀧山嘉久Alexander病におけるGFAP遺伝子変異が細胞内局在に与える影響. 平成 23年度厚生労働科研費補助金 難治性疾患克服研究事業 アレキサンダー病研究班 平成 23年度 第 2回班会議、 2012 12 2

35. 新藤和雅、長坂高村、瀧山嘉久: パーキンソン病患者における四肢冷感の原因病態 多系統萎縮症-. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究班 平成 23年度班会議、 2011 12 16.

3:42 PM